長嶋家のこだわり

こだわりの製法

大正10年創業以来、伝統を守り続け昔ながらの製法で丹精込めてお作りしています。手作りのこだわり・・・これが長嶋家の和菓子・・・というものを自信をもって販売しております。
原材料からこだわり、材料そのものの旨みを生かす工夫をしております。機械を使っての大量生産はしておりません。
甘さをひかえめにし、塩は使用せず体にやさしく、飽きのこない和菓子を作ることを心がけております。品質保存料もいっさい使っておりませんので安心してお召し上がりいただけます。
皆様から愛される和菓子であり続けるよう、これからも丹精込めて作り続けていきます。

 

こだわりの餡子

昔ながらの銅鍋と大しゃもじで餡をお作りしています。
機械で作るのではないため、少量ずつしか作れません。火加減に気を配りながら、長嶋家独自の調合でお作りしています。
使う砂糖もざらめにこだわり、上質のさらしあんを使っています。
ざらめを使う事により、さらっとした餡に仕上がっています。甘すぎず、飽きのこない餡となっております。塩を使わないというのも、長嶋家のこだわり。

 

 

こだわりの生地

昔ながらの杵と臼を使ってお作りしています。
自動式の機械で作っているのではありません。
湿度や気温により水の量や練り具合、つく回数を変えています。
こだわりの「もちもちとした食感」を保つには、この昔ながらの杵と臼を使って作るのがいいのです!